WHAT COMES AFTER
TAKEYUKI HAKOZAKI | POLLYPRAHA
2.13 & 02.14
12–7PM
HAKO zaki 01_ret3.jpg
HAKO zaki 03_ret.jpg
IMG_3704.JPG

HAKO is pleased to announce its upcoming three experimental sound installations by Takeyuki Hakozaki with the theme of “Extended Minimalism” on February 13th and 14th.

Takeyuki Hakozaki will create unique experimental sounds with circulators and guitars on February 13th, and with a tape recorder, guitars and modular synthesizer on February 14th.

On both days, HAKO will be open to public, and everyone is welcome to see his production process as well as to participate in some stages. The sounds will be recorded at HAKO and will be released. Timetable and Details of installations to be announced.

HAKOでは、2月13、14日に”拡張されたミニマリズム”をテーマとした3つの実験的サウンドインスタレーションを行います。

2/13にはサーキュレーターとギター、2/14にはテープレコーダー、ギター、モジュラーシンセサイザーを用いて新しい音を生み出します。

録音された音はアーカイブ作品としての発表を予定していますが、両日においてはその制作過程をご覧いただくことはもちろん、一部ご参加いただくことが可能です。

IMG_3639.JPG

TAKEYUKI HAKOZAKI | Pollypraha

Composer, Sound artist
 
Hakozaki began writing and performing original music in university under the name “Pollypraha.”
From there he became a devotee of experimental music, with the works of Steve Reich, Frederic Rzewski, Morton Feldman and others inspiring him to pursue the theme of “expanded minimalism” in recording and live performance.

Pollypraha uses a base of open reel tape and Eurorack modular synthesizers with electric guitar, piano, glockenspiel and field recordings to weave together the sound of his creations.

To date he has released music with taalem (Belgium), creation centre (US), mimi records (Portugal), Post-Rift (Finland) and El Muelle Records (Spain).

As a composer he has scored advertisements for Shiseido, ASICS, New Balance, Lexus, IKEA Japan, and JR East to name a few.

In addition he has created soundscapes for OMRON ATC-TOKYO, produced a 3D audio environment for the Tokyo Motor Show main program, and collaborated with several other industries in creating soundscapes.

TAKEYUKI HAKOZAKI | Pollypraha

作曲家 サウンドアーティスト。
 
大学在学中にPollypraha名義で作曲、演奏を始める。その後実験音楽に傾倒し、スティーヴ・ライヒ、フレデリック・ジェフスキ、モートン・フェルドマンなどに大きな影響を受け、「拡張されたミニマリズム」をテーマとした音源の制作、ライブパフォーマンスを行う。
Pollyprahaではオープンリール、ユーロラックモジュラーシンセサイザーの演奏を軸に、エレクトリックギター、ピアノ、グロッケンシュピール、フィールド・レコーディングによる環境音を織り交ぜたにした作品を制作している。 

 

これまでtaalem(ベルギー)creation centre(アメリカ)mimi records(ポルトガル)Post-Rift(フィンランド)El Muelle Records(スペイン)より作品をリリースしている。
広告音楽家として、資生堂、Asics、New Balance、レクサス、Ikea Japan、JR東日本などのCM音楽を制作している。

 

そのほかにオムロンATC-TOKYOの環境音制作、東京モーターショーメインプログラムの立体音響制作など、企業とコラボレーションした音響空間の設計なども行なっている。

 

展示期間:2月13日&14日
開廊時間:12時〜19時

instagram: @t.hakozaki
https://pollypraha.bandcamp.com
※入場に際しては、感染対策として検温と消毒の実施、マスクの着用を徹底させていただいておりますのでその旨ご了承お願いいたします。